読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FCCPC

FCCPCについてお伝えするブログ

katsu_y practice 021 JAG夏合宿2015 day4

記録: hadrori

練習セット

Japan Alumni Group Summer Camp 2015 Day 4
2015/11/02 09:20 - 14:20 (5h)
ICPCへ向けて早朝から…

コード

https://github.com/hadrori/fccpc_practice/tree/master/151102

結果

6完

solved time A B C D E F G H I J
6 1289 1/14 1/280 10/288 5/298 1/61 1/88

追記: C以降がずれていたので修正しました

練習

  • A: やるだけ
  • B: 4方向へリンクをもつリストで頑張る
  • C: いけると思って実装するもサンプルが合わずに考察が足りてないことが判明
  • D: 離散対数問題に帰着する
  • E: 無理
  • F: 拡張ダイクストラで定数倍高速化を頑張る.今気づいたけどDPできそう
  • G: やるだけ
  • H: 最小費用流で,幾何パートがつらいから時間があればやる予定だったが,終わってから誤読に気づく.幾何パートいらない
  • I: わからず
  • J: 大小関係で有向グラフをつくる.元の友好関係である頂点に対して隣接する頂点をスコアでソートして辺を張ればやばくならない